JA1YWI

グローバルアンテナ研究会

ハムフェアー2001

Last maintenance =

ハムフェアーでは、色々と有難うございました

 前年、2000年は、我がJA1YWIはブースの出店は有りませんでしたが、その代わり、近くのランドマークタワーからQRV、 ループアンテナの優秀性を、遺憾無くデモンストレーションする事が出来ました。
 本年、2001年は、再び出店、今回はユニークなグローバル・ワイド・アンテナを展示、パソコンのジャンク市と化しつつある近年のハムフェア-の中で、 アマチュア無線家本来の目的である、無線技術、興味を大いに喚起致しました。 また、ランドマークタワーよりの運用も行い、7エレループアンテナ、GH−7を駆使し、JARL記念局を遥かに凌ぐ実績を上げる事が出来ました。
 ハム人口の減少、世間の不況等の影響で、入場者数も前年比を割っていた様ですが、それはそれとして、ブースを訪ねてくださった、 大勢の方々とアイボールも楽しむ事が出来て、 充実した3日間であったと思います。 色々お世話に成りまして、有難う御座いました。

 搬入日(木曜日)には来れなかったので、初日は早めに来て、とりあえずブースの設営からスタート。

懸命に作業中の7N3BTE
ビスをトンカチで打ち込むのは、ちと大変(何故か釘も木ネジも無かった)。
 パネルやポスターも、沢山有るので、中々大変。
左から7N3BTE、JJ1DHM、7N2DFV
 いよいよ開店、我がブースは準備をしながらだから、忙しい。
JJ1DHM(左)、7L3BTJ
 早速の訪問客は知る人ぞ知る、7L3FGA。  さあさ、お立会い、寄ってらっしゃい、見てらっしゃい・・・。
JJ1DHM
 左から7N2DFV、JA1NUW、
右端のバック・シャンはwho?
 JA1NUWはお客さんに説明、
DFV、BTE局はアンテナのキットを製作中。

2日目よりはJA1NUW、JN1KUF、
7L3JBK局も参加、ブースがかなり楽に成る。 
左からJA1NUW(寸暇を惜しんで食事中)、JN1KUF、
7L3JBK、JJ1DHM。
手前のダンボールの上は、KUF局提供のジャンク品、完売した。
ランドマークタワーで運用
 一方、別働隊(?)は、土、日の二日間、すぐ近くのランドマーク・タワーに上り、69階、地上高273メーターで恒例(と云っても2年目)の移動運用。

 QRP、2.5ワットで、山形県米沢市を含む約100局と交信した。オペレータは、7N3BTE、JJ1DHM、7L3JBK、7N2DFV、の各局。
 ブース内はJA1NUW、7N2DFV。左側のリュックを背負っているのは7N4NYK。  左からJN1KUF、7L3JBK、JJ1DHM。
手前のつり竿のケースに入っているのが、不朽の名作、GH−7で、7エレループアンテナを折りたたむと
このサイズに成ってしまう。
 SWR計(若干旧式?)、電界強度計(自作)を見せながら、アンテナの説明をするJA1NUW、杵渕氏。 ホイップに付けたスズメッキ線を少しづつ切りながら、ラジアルの説明をする、JA1NUW。
テーブル手前が、7エレ・ループ、GH−7。
 今回の目玉商品、グローバル・ワイドアンテナの打ち上げ角を実験しながら説明するJA1NUW。  YWIのブース前は常に人だかリガしているので、
こういうのんびりしたシャッターチャンスが中々無い。
左から、7N3AWU、JA1NUW、7L3BTJ、JJ1DHM
 左側7N4NYK局が持っているのは、右側、7M4MUA局の作品。
CQ誌を見て、独自に作ったものらしい、
中々の出来だ。
 左から7N3AWU、7M1LOT、7L3JBK。
手前左側はオリジナルのグローバル・ワイドアンテナ、
右はCQ誌の記事を参考に、7M4MUA局が作られたもの。
写真は7N2RGZ、斉藤さんより頂く
グローバル以降   芝クラブ時代   PartU Top   PartT Top



inserted by FC2 system