JA1YWI

グローバルアンテナ研究会

ハムフェアー2002

Last maintenance =

ハムフェアーでは、色々と有難うございました

 前年、2001年は、ユニークなグローバル・ワイド・アンテナを展示、パソコンのジャンク市と化しつつある近年のハムフェア-の中で、 アマチュア無線家本来の目的である、無線技術、興味を大いに喚起致しました。
 本年は、数年前に大好評を博したGH-3に、不朽の名作であるGH-7の収納性を取り入れたニューバージョンを発表、大いに「グローバル」の存在をアッピールしました。

 開場前、GH-3のセットの袋詰め等、準備作業に忙しい、JJ1DHM、7N2DFV、7N3AWU、JA1NUWの各局 ブーす前のベンチで、GH−3、ニューバージョンの袋詰をする、JJ1DHM、7N4OPX、7N3BTE、7N3DFVの各局。
こんなに一杯作って大丈夫なの?、と云う感じがしないでもなかったが、結果的には殆ど売り切れてしまったのだった。
 なにやら、目線の方向が違うのが面白いが、左から、JA1NUW、7M4OPX、JO1VQKの各局。
 テーブルの上は、ニューバージョンの、GH−3。綺麗な真鍮のブームと、GH−7並の収納性で、かなり好評だった。
 ブースで、GH−3アンテナ、ニューバージョンの説明をするJA1NUW、杵渕氏。
 JA1YWIのブーすの前は、常時、こんな感じで、人の山が絶える事はなかった。

 今回は1ブロックだったが、抽選に行ったDHM局のお手柄で、角地の良い場所が』取れて、ラッキーだった。
 ループアンテナの説明をする、JA1NUW局、左端はJJ1DHM。
 手前に下がっているのは、不朽の名作、GH−7。
 GH-3をお譲りした各局には、お名前、コールサイン等を書いて頂き、今後の連絡、情報交換等に、利用する事に成っている。
 アンテナアナライザーに付けた、スズメッキ線(ちょっと見難いか?)を少しづつ切り詰めながら、アンテナの説明をする、杵渕会長。
  左から、JA1NUW、杵渕会長、今回初参加の、7M4OPX、小佐見氏、7N3AWU、増永氏、右端はJA1MPU、花岡OM。

 杵渕会長の説明に、熱心に耳を傾けるお客さんたち。こういう風に、情報を発信するブースが、ほとんど無くなってしまった、今日この頃としては、等クラブは、貴重な存在と言えるのかも知れない。
 左端でカメラを構えて居られるのは、花岡OMか?
 仲間と歓談中の、7N3AWU(中央)、左の箱の中に見えるのは、AWU自作の空芯コイル。
 今回より参加の二人のクラブ員になにやら説明する、JA1NUW。中央、汗を拭いているのが、7N4OPX、右側は、7N4OHJ。  開場前の朝礼(?)風景。左より、7N2DFV、JA1NUW、7N4OPX、JJ1DHM、7N3AWU、7N3BTE。
 今回は参考出展となった、144MHzの4エレループアンテナ。かなりの威力を発揮するものと思われる。来年はこれが主力か?  YWI、随一のアクティビティを誇る、7N3BTE。恒例の移動運用でも、いつの大活躍。
 430MHzにQRVする局ならば、足を向けて寝る事が出来ない、JH1HUK、大島さんも、ブースを訪問。
 左より、JH1HUK、7N2DFV、JA1NUW。
一息ついて、愛用のGH-7を組みたてる、JA1NUW、杵渕会長。このGH−7は、既に完売で、今回のハムフェアーでは、参考出展のみに成っていた。
 ブースの前の休憩所のベンチを利用して、展示用の、GH−3を組みたてる、7N4OHJ局。

 今回は、このベンチは大変重宝した。
 JN1KUF局持参の携帯用椅子で一休みする、7N4OPX局(手前)。

どうみても、椅子がカワイそう、と言う感じがするが、なんとか持ちこたえて居る様だ。
 「ほら、ちょっと持って見てください、軽いでしょ!」、と、GH−3をお客さんに持たせて、JA1NUW、杵渕会長。
 あまりの軽さに、写真がちょっとブレてしまった。
 左、手前の立って居るのは、電界強度計、勿論、手作りだ。
 なにやら熱い議論を戦わせているのか、どうなのかは分からないが、左から、JA1NUW、JJ1DHM、7N4OHJ、7L3FGA、7N4OPX、7N3AWUの各局。
 見える電波、と云う事で、GH−3から発射した電波で、ムギ球(親指と人差し指の間で光っている)を点灯して見せる、JA1NUW。この説明で、電波と云うものを実感出来る人も多いだろうと思われる。  今回、初参加の、7N4OPX、7N4OPX局。当クラブとしては、久々の新人の入会なので、今後の活躍が多いに期待されるところだ。
 今回のハムフェアーで、大好評だった、430MHzのループアンテナを、収納したところ。
 この真鍮のブームの中に、エレメントが全て入っているとは、とても思えない。
グローバル以降   芝クラブ時代   PartU Top   PartT Top



inserted by FC2 system