2004年10月10〜11日
湯河原移動運用

 グローバルアンテナ研究会・2004年度の秋の移動運用は、湯河原方面でした。  3連休と云う事もあり、台風で通行止めに成った道路もあったらしく、途中かなりの渋滞があり、予定よりは1時間程度遅れましたが、翌日の移動運用の場所を確認後、目的のホテル観山に到着しました。
 ホテルは、千歳川と云う川のほとりに在るのですが、これも、前日の台風の影響で増水している様で、かなりの水量で、窓を開けるとうるさいほどでした。
 嬉しかったのは、最近のホテルとしては、珍しく、部屋で食事が出来る事で、固形燃料を使って、小さな釜でマツタケ御飯が炊けたりと、料理も中々のものでした。
 温泉は、時間帯によって、男湯、女湯が交互に入れ替わる様になってまして、それぞれに露天風呂もあり、中々良い雰囲気でした。
 食事の後は、例の如く、二次会に成り、深夜まで盛り上がりました。
 翌日の移動運用は、bte局の案内で、前日に確認した、星ケ山と云う、海抜810メーターと云う山の頂上近くの駐車場で行いました。
 430MHzは、bte局の15エレループの2列2段、144MHzは、nuw局の新作、10エレループ、50MHzはawu局のダイポール、1200MHzはnuw局のハンディ直付け20エレヤギと、当クラブとしては、当然ながら、いずれも手作りアンテナでの運用でした。
<<< 参加局 >>>
JA1NUW JA1RGW 7M1LOT
7N3BTE 7N3AWU 7N4OHJ
(JARL式コールサイン順)


今回の移動地、足柄下郡湯河原町星ケ山の全景。 
一時晴れる事もあったが、終始、こんな感じで
霧が張っていて、見晴らしはイマイチだったが、中々風情のある光景であった。
でも、本来見えるはずの真鶴半島は、ほとんど見えなかったのは残念。

photo by 7m1lot
前回移動の時に立ち寄った寿司屋で、
取り敢えずは海鮮をエンジョイする
左からRGW(mouse on)、AWU、右、BTE
翌日の移動地、星ケ山に立ち寄って、
方角などを確認する各局
左よりRGW、AWU、OHJ、NUW、BTE
自作、20エレ1200MHzヤギで方角をさぐる
NUW会長、ハンディ直付けで20エレは
日本初、若しかすると、世界初?
おっ、お台場のレピータが開いた
都内はこっちだな
左よりNUW、AWU、RGW、OHJ
綺麗な色の果実酒で乾杯
左より、RGW、BTE、LOT、NUW、AWU、OHJの各局
おじさん達と、花柄の浴衣のミスマッチが、なんとも云えない
値段からは考えられない、豪華夕食
右下の釜の中は、なんとマツタケ御飯
二次会でくつろぐ、左OHJ、右BTE
左からBTE,OHJ、AWU、RGW、NUWの各局
マウスカーソルを重ねると別アングル
1200MHz、ハンディ機直付けの
20エレヤギで運用するOHJ局
15エレループ、2列2段をセッティング中の
RGW、BTEの各局
50MHzで運用中のAWU局の帽子に
止まったのはなんと…、カーソルを乗せると
スズメバチのアップが
今回初登場の144MHz、10エレループを
準備する、NUW会長
霧の中で定かには見えないが
NUW、RGW、OHJ、AWUの各局
144MHz SSBで運用する、NUW会長
準備中のBTE、早くも泡のでる液体を
やるAWU、見守る津RGWの各局
BTE局のカンテナ、かなり使い込んでいる模様
10エレループに仰角を持たせるために、
バックを吊るして運用中のNUW会長と、
のぞき込むAWU局
運用地のすぐ近くに、なんとか上人の像を発見上人様の気分で、記念撮影するLOT局
一息ついて、下界を眺める、RGW、BTE局
NUW会長のモービルがビーム調整で
動き回るのに恐れをなして避難、坂の上で
運用する、AWU局(後方)
なんかエレメントがちょっと…、
とチェックするRGW局
今回、初登場の、144MHzループ
驚くべき軽さである
今回新たにCQマシンの称号をゲットした
OHJ局、カーソルを乗せると、別画面が
草むらにはこんな可愛い虫も。
オンブバッタ?
こちらはイナゴ?
ハネが短い気がする
  
 帰りは、東名の厚木からしばらく、若干渋滞が有った以外は
スムーズに流れていました。
 最後は、町田でラーメンを食べて、解散と成りました。
 CQに応答くださった各局、有難うございました。
次回の移動でも、、宜しくお願い致します。

グローバル以降   芝クラブ時代   PartU Top   PartT Top
inserted by FC2 system